*

借入条件を確認する

カードローンの借入条件として、確認条項というものがあります。
それはまず、カードローンの契約形態についてです。
これについては例えば極度借入れ基本契約というものがあります。
次に、借入利率というものがあります。
これは契約ごとに定める借入利率で年365日の日割り計算です。
実質年利は各社によって違います。
続いて借入れ利息の計算方法について書いてあります。
これは借入残高に借入利率をかけたものを365日で割って返済期日以前の 利用日数をかけて求めるものです。
ちなみにうるう年の場合については365日にとして計算します。
そして賠償額の元本に対する割合で、遅延利率というものもかいてあります。
ある会社では20パーセントとしているところもあります。
これは、毎月の返済日に遅れた場合の遅延利息を研鑽する基となります。
また借入条件として担保が不要であったり、保証人が不要であったり、 利用者の条件というものもあります。
基本的には例えば20歳から60歳までの安定した収入がある人が利用でき、 収入証明書不要のキャッシング会社もあるのでパートやアルバイト、自営業者の人も利用可能のカードローンもあります。
http://d5j9ik3x.cscblog.jp/
参考サイトはこちらです。



コメントする