*

海外で外貨キャッシングをするのが一番手数料が安いとの噂

キャッシングをしていて、限度額を減らしたいということもある。
この場合、借入の状態でも限度額を減らす事ができるのかどうか気になる。
カード会社によって違ってきますが、一般的には限度額以上に借り入れ残高がある、ということはできないので現状で限度額のキャッシングをしていると思う。
そのため、限度額よりも一気に下げると限度額オーバーになってしまう。
ほとんどの会社では限度額いっぱいに利用している状態では、限度額の引き下げは難しいかと思いう。
ただ、カード会社によっては1万円単位でキャッシング枠の設定ができる場合もあるので
少し残高を減らしたら、電話をして限度額を幾らか下げてもらうなど少しずつ下げていくことは可能。
ですから、困ったときには一度問い合わせてみるのが一番だ。
長期で海外旅行をしたり、海外にロングステイをする場合。
どのように現地で支払いをするかを考えるのだが、 様々な方法がある中で、タイトルに挙げた、現地で外貨でキャッシングをして繰上げ返済をするという方法をお勧めしたい。
これはお金持ちや、企業の海外転勤などにはあまり興味のない話で、主に、バックパッカーや海外留学生、夢追い人で海外ロングステイをしている人にお勧めだ。
円から現地通貨に換金する場合、日本で変更しても現地で変更しても手数料がかかる。
また、あまりに高額な金額を日本から持ち込むことも実際的ではないだろう。
そこでクレジットカードで海外キャッシングを利用し現地で外貨で必要な分だけ引き出す。
たいていのクレジット会社でのキャッシングは海外利用時に支払いがリボになってしまうため、そのままにしておくと支払い期間が長期に及ぶ。
それで、インターネットのカード会社のHPから、キャッシング残高の次月全額引落(全額支払)のサービスに申込むなら、(ネットならどこでも申込み自由。
ネット環境がないなら国際電話でコールセンターへ申込むことになるだろう)場合によっては銀行で現地通貨に換金する手数料より安くなるのだ。
ここで気をつけたいのが、キャッシング利用日から引落日までの日割手数料がかかるため、カードの利用締め日などにも注意深くあり、できるだけ締め日に近い日に借入れ、次月に全額清算する方法をお勧めしたい。
もしものときのための専業主婦カードローン8選ではキャッシングの手数料について深く知ることが出来る。



コメントする