*

ビジネス

ダイエットの資格を取って生計を立てる生き方

最近はフィットネスクラブやダイエットで生計を立てる人が増えています。

 

「痩せること」は現代人にとって誰もが一度は悩むことでしょう。

 

そのおかげでスポーツクラブなども大変な盛況を見せているようですが、

私も個人としてダイエットの方法を教えることを生業としています。

 

私はもともと借金がたくさんあり、給料では返済しきれなくなったため、

何か副業を探していたのですが、もともと得意としていた運動を始めとするダイエットで勝負しようと決意しました。

 

そこでダイエットの資格を取得し、

インターネットでダイエット教室の生徒を募集したのです。

 

例えばダイエットブログを主催すれば

様々なカタチで得意なことをテーマに生計を立てることができますが、

今ではダイエットの資格も比較的安価で取れるようになっていますので、

ハードルは低いと思いますね。

 

自分の知識を生かして男性向けプロテインの選び方をレクチャーすることで、広告料をもらうこともいくらでもできるわけです。

 

私はこのようなネットマーケティングを生かした仕事が結果的に功を奏し、収入を飛躍的にアップさせることができました。

 

これまではやりたくないことを仕事にして

嫌々働きながら給料をもらっていましたが、

ダイエットという興味のある分野で仕事を作り、

行動に移した事ですべての借金返済をすることができたのです。

 

例えば酵素ドリンクランキングにあるようなアイテムを使って

ファスティング講座を開催すれば、ダイエットに興味のある人は沢山集まってきます。

 

資格は説得力を生みますので、そのために取得しますが、

絶対に必要というわけではありません。

 

つまり人より秀でたものを持っていれば

それをもとに生計を立てることは難しくないということです。


1歩前進!?

日本プロ野球の選手会が不参加を表明していることで話題になっているのがワールド・ベースボール・クラシックですが、どうやら渡米して交渉した結果、ちょっとだけ進展があったみたいです。そもそもプロ野球の選手会が不参加を表明しているのはスポンサー権などがどこに帰属するのかっていうことなどで、これについてはどちらも一歩を譲らない形になっているようです。テレビでもいろんな意見がある中で、今回、日本野球機構が渡米して交渉してきた結果、侍ジャパンに限定したスポンサーやグッズ販売といった権利は大会の期間中でも日本にあることを確認してきたということです。これで多少は前に進んだっていうことで良いのですかね?最終的にはどうなるのか気になるところです。http://www.older-cat-health.com/


テスト

テスト記事です。